四谷千枚田

 

 こんにちは、ホテルスタッフの可可でございます。

 

 

(中文)

 

晩上好。

 














 

 愛知県新城市四谷の千枚田へ行って参りました。

 

標高220〜420mにかけて連なる石積みの棚田では、

 

今でも昔ながらのやり方で人の手で稲刈して、天日

 

干しです。

 

  「棚田ではおばあさんが小鳥たちに稲穂を食べられない

 

ようにいつも見張っています、郵便屋さんは村の人達に

 

今年の新米がもうすぐ出来上がると知らせるかのように

 

自転車で奮闘中のようで、今私達の前を取り過ぎた」。

 

ハ〜ハ〜新米がもうすぐ食べられますよね、美味しい新米の香りが

 

今にも漂ってくる気がします。

 

 

(中文)

 

我们去了爱知县新城市四谷的千亩田,

 

海拔220 〜420米高的梯田是用石头累积起来的。

 

当地居民依然是用人的手一刀一刀地割水稻,

 

然后自然晒干。

 

「老奶奶孜孜不倦地守候在田地间不让小鸟偷吃

 

即将要收割的水稻,邮局的小哥飞快地骑着自行车

 

不亦乐乎急忙想告诉村里的毎一个人…」


哈啊哈哈马上就可以吃新米啦,噢新米的香味漂浮在

 

整个田间…